女の子が主体となる野球チームに入部したこと

私は小学校一年生の頃から、男の子に混じり野球をプレイすることが日課になっていましたが、少年野球に在籍できる女の子の年齢が10歳という規定があったため、私は10歳という年齢を迎えることによって、退部する必要がありました。
監督のご好意でたまに練習をさせてもらうことができましたが、選手としてプレイし続けたいという強い気持ちを抱いていました。
一時期男の子として生まれたかったという強い気持ちを抱いていた時期もありましたが、女の子として生まれたからには女の子としてプレイし続けたいという気持ちも私にはありました。
小学校6年生の時に、女の子が主体となるチームと巡り会うことができ、再びプレイすることができましたが、現在女の子が主体となるチームがすごく少ないため、女の子だけのチームが増えていって欲しいと現在思っております。
将来娘もプレイしたいと言っているため、小学校に入学すると同時にチームに入部し、プレイして欲しいと思います。

農地や耕作放棄地の汚染のことなら

不用品回収 名古屋
市内1の実績です

独自のレッスンプログラムでより効果的なダンスを
アルデュールオリジナルのレッスンはこちら

ホームページ作成 名古屋
成果に繋がるものをご提供します

GAP認証の取得に関する支援も行っています
GAP認証を取得するための研修やセミナー・分析検査などのサポートを行っています。

野球と観戦客の関係と興行に関する話

子供から大人まで人気のスポーツと言えば野球やサッカーなどが当てはまりますが、特に野球に関しては老年層

野球のバッティングを上達させるためには

野球というと、基本的には守備というよりもバッティングを誰もが楽しむ傾向にあります。
打ってなん

野球などのスポーツゲームの話と楽しみ方の話

スポーツといえば、昨今は様々なスポーツを題材にしたゲームがあります。
野球やサッカー、テニスに

バーチャルリアリティ野球体験について

以前、とある観光地を旅行していた時の事です。
カップルや家族連れが行き交う中、男性達が密集して

サイトコンテンツ

野球と観戦客の関係と興行に関する話
野球のバッティングを上達させるためには
野球などのスポーツゲームの話と楽しみ方の話
バーチャルリアリティ野球体験について