バーチャルリアリティ野球体験について

以前、とある観光地を旅行していた時の事です。
カップルや家族連れが行き交う中、男性達が密集している光景を目の当たりにしました。
何だろうと思い、近付いてみると、バーチャルリアリティの野球体験コーナーが期間限定で開催されていました。
最近テレビでも良く目にする、眼鏡のような物を付けて映像に合わせてバットを振ると、あたかも球場で試合をしているかのような体験が出来る装置です。
SNS等で以前から話題にはなっていましたが、未体験だった私は是非参加したいと思い、列の最後尾に並びました。
まず、体調不良ではないかという事や、自律神経等に問題はないかというチェックシートに記入をして、順番を待ちます。
列の先の方に目をやると、機械を付けた大人の男性が、バットを振り「うおーっ」と歓声を上げるという、何ともシュールな光景が繰り広げられています。
少しの恥じらいを待ちつつ待っていると、遂に順番が回ってきました。
いざ始めてみると、これが非常に難しいのです。
普通の野球をするよりも、難しい。
まずバットを振るタイミングが掴めません。
こんなはずでは、と思っていると、あっという間に体験は終わってしまいました。
これが科学の進歩か、と思いつつ、帰り際に公園で野球をする少年達を見て出来ることなら混ざりたいと思った休日でした。

野球と観戦客の関係と興行に関する話
野球のバッティングを上達させるためには
野球などのスポーツゲームの話と楽しみ方の話
バーチャルリアリティ野球体験について